FX自動売買スナイパー 超おすすめ



こんにちわ、FX投資家のエイイチです。

FXはじめてみたいんだけどやっぱり難しそうで…初心者でもカンタンに運用できるものないかな??

初心者が始めるならFX自動売買スナイパーがおすすめだよ!

このような疑問に答えます。

日経225ではありませんが、大手ASPで上位にランキングされているFXのシステムトレードを検証してみます。

少しでも日経225のトレードに役立てたいのが一番の目的です。


FX自動売買スナイパー

販売業者 株式会社Cluster
運営責任者 金城 伸
所在地 大分県大分市下郡3462番地の1-2号室
電話番号 080-3957-6995
※お問い合わせはメールまたは専用LINE@でお願いします。
メールアドレス

FX自動売買スナイパーはどのようなロジックで稼げるのか?

一般的にシステムトレードは購入するまでロジックが公開されなかったり、あるいは公開されても重要な部分は伏せられたりしていますが、このFX自動売買スナイパーでは重要なロジックが商品サイトにQ&A方式で公開されています。

Q スナイパー自動売買手法はどうなっていますか?
A 順張り型ナンピンマーチンのシステムで倍マーチンを打っていきます。

順張り?ナンピンマーチン?

よく分からないかもしれませんので順番に説明します。

順張り

順張りとは相場が上昇または下降している方向にエントリーすることです。

例えば米ドル/円のトレードであれば、円安ドル高が上昇になりますが、上昇方向にエントリーするのが順張りになります。

 



あるいは円高ドル安だと下落になりますが、下落方向にエントリーするのも順張りになります。

 

ナンピンマーチン

ナンピンとマーチンは別々の意味があります。

ナンピンとはエントリーした方向とは逆に相場が動いて、含み損の状態でロットを積んでエントリーの平均値を現在値に近づけることです。

例えば米ドル/円で100円を1ロットで買いエントリーしたとします。

その後値動きは98円になった場合、2円の含み損の状態ですが、その時さらに1ロット買いエントリーしたとします。

このときの平均値は100円+98円÷2ロット=1ロットあたり99円となります。

つまりその後の値動きが99円に戻ってきて決済できれば、含み損が解消されるというわけです。

一方マーチンとはマーチンゲール法のことと思われます。

マーチンゲール法とは1/2の確率に賭けるギャンブルなどで使われる手法で、負けた時に次の勝負に倍のロットで勝負することです。

負けが永遠に連敗することは理論上あり得ないため、ロットを倍にし続けていくことで1回の勝ちでそれまでの負け分をすべて取り返すことが可能です。

順張りとナンピンマーチンの組み合わせ

順張りなのでトレンド方向にエントリーするが、値動きがエントリーとは逆方向に動きだし、含み損が出るとナンピンでロットを積み増し、またそのロットは前のエントリーの倍になるということです。

最初のロットは0.01とあり、また最大10回ナンピンするので、ナンピンは+0.02+0.04+0.08・・・ 最大10回だと合計10.23ロットとなります。

1ロット=10000通貨なので、10.23ロット×10000通貨=102,300円ですね。

米ドル/円なら10万円以上の資金が必要になってきます。

これは商品サイトのQ&Aにある元本は10万円以上にも合致しますね。

どこでナンピンを入れるかにもよりますが、間違いなく10回までにはどこかでエントリーしたトレンド方向に値動きが戻る、というのがこのシステムトレードの根拠になっていると思われます。

しかもマーチンゲール法で倍ロットで積み増ししていきますので、少しの戻しで含み損は解消されるわけです。

FX自動売買スナイパーのメリットとデメリット

メリット:ほとんど負けない

ナンピンを連続10回まで可能なので、例えば米ドル/円なら10回までに利確できる可能性は90%以上だと思われます。

ですので仮に資金が積み上がっていっても資金をフル投入せず、10万円が20万円になったらまた10万円からスタートというように余剰資金を別にとっておけば破綻する可能性はほぼゼロだと考えられます。

(※0.01ロットからスタートして毎回倍マーチンした場合、資金が10万円なら厳密には連続9回までナンピンが可能)

デメリット:ナンピンの危険性

ナンピンの手法には賛否両論がありますが、含み損になっても同値あるいは含み益に転換させることが可能である一方、取り返しのつかない損失を背負うリスクがあるからです。

ナンピンが効果を発揮するには値動きが上下することが前提です。

しかし値動きがエントリーとは逆の方向に、一方的に動いた場合は、たとえナンピンしたとしても損が膨らむだけです。

例えば商品サイトにある資金10万円で始めた場合、1円の値幅の中で毎回倍マーチンで10回ナンピン(=10銭ごとに1回ナンピン)したとします。

エントリーと同方向への戻しがない状況で、値幅1円以上逆方向に値が動いたときは10万円以上の損失となり強制ロスカットにあいます。

また毎回ナンピンするごとに約10銭戻さないと損益がプラスマイナスゼロにはなりません。

さらに利確は10pipsとあるので、直近のナンピンエントリーした約20銭戻して初めて利確になります。

10回連続ナンピンがあり得ないと思うかもしれませんが、可能性はゼロではありません。

デメリット:ロット0.01から倍マーチンでナンピンしても薄利?

0.01ロットで10pipsだと利益は100円にしかなりません。

0.1ロットまで積み上がった状態で10pips戻しても1,000円ちょっとにしかなりません。

なお0.1ロット以上積み上がるのは、毎回倍マーチンして連続3回目のナンピンになります。

1ロットまで積み上がった状態で10pips戻して初めて1万円以上になります。

なお1ロット以上積み上がるのは、毎回倍マーチンしたとして連続6回目のナンピンになります。

ナンピンの回数が少なければ薄利になり、ナンピンの回数が多ければ利益は出ますが、ロスカットのリスクが増大します。

まとめ

FX自動売買スナイパーは買いか?

結論からすると定価243,000円出して購入するほどの商品かなと思います。

順張りエントリーポイントが正確であればあるほどロットが積み上がらないので薄利になるし、むしろ逆張りエントリーが向いているのではないか。

ナンピンの倍マーチンは自動売買でなくても自分のルール作りと資金管理で可能ですし。

ところで日経225で連続10回まで倍マーチンでナンピンするとしたら数百万円の資金が必要ですので、資金がなければ不可能です。


FX自動売買スナイパー